小説家になろうが縦書きで楽しめるアプリ「縦書きで読もう!」

ネット小説といったら「小説家になろう」。
一般的かどうかかわかりませんが、少なくともネット小説を書いている人間、読んでいる人間からすると、最初に思い浮かぶ小説投稿サイトは小説家になろうだと思っています。

今回はそんな小説家になろうを普通とは違う切り口で楽しめる評判のアプリを紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

なろう小説の縦書き

なろう小説を縦書きにする方法として一般的なのは、「縦書き小説ネット」。

俗に言うなろうのPDF化機能です。
小説家になろうから、「縦書きPDF」というリンクをクリックすることでジャンプできますね。

しかし、このPDF化機能、あまり読みやすいとはいい難いです。

とくに、スマートフォン対応がしきれていない。
僕のスマートフォンはわりとシェア率の高いXperiaシリーズなのですが、この端末でも真っ白になったりします。

オススメの縦書きで読めるアプリ

というわけで、僕が縦書きで読むのにオススメしたいのは「縦書きで読もう!」というアプリです。

メニュー部分がちょっとごちゃごちゃしている印象がありますが、それは充実していることの裏返しです。
慣れて使いこなせるようになれば、気にならなくなります。

それに初めはしおりと履歴、縦書き設定だけ使えれば十分かなと思います。

縦書きで読もう! とは

Web小説を縦書きで読めるアプリです。
タブレットでも小さなスマートフォンでも、縦書きで読むことで快適な閲覧を可能にします。

「小説家になろう」と「ハーメルン」に対応しています。

作者twitter:@ytategaki
作者ブログ:http://sundayandroiddev.blog.fc2.com/

AndroidではGooglePlayストアでダウンロード可能。
iPhoneに関しては調べてみましたが、残念ながら対応していないようです。

画面表示はこんな感じ。

設定で背景色やフォントの変更ができます。

縦書きで読もう! をGooglePlayでダウンロード

とにかく軽い

縦書きで小説を読める投稿サイトには「ノベラボ」がありますが、とっても重くて作品の読み込みに時間がかかります。

それに比べて縦書きで読もう! は動作が軽く、小説家になろうやハーメルンを対象にしているため閲覧できる作品数も多いです。

関連記事
「ノベラボ」の評判を調べてみた

初期設定ではホーム画面は日間総合ランキング

アプリを開くとすぐにランキング画面が表示されるので、流行りの小説をすぐに読みにいくことができます。

ちなみにこの初期画面、メニューの全般設定から変えることが可能。
メニュー->全般設定で一番上にある最初に開くURLを変更することで、好きなページを初期画面にできます。

僕は小説家になろうのアカウントも持っているので、自分のユーザーページをトップ画面にすることでお気に入り作者の更新や、ブックマークをすぐにたどれるようにしています。

明朝体が利用可能

縦書きで読むならやはり明朝体。
初期ではフォントは明朝体ではありませんが、これも設定から変えることができます。

メニュー->縦書き設定を開き、一番上にあるIPA明朝フォントを使用するにチェックを入れます。


おそらく一番初めだとIPA明朝フォントの利用規約が表示されたあとダウンロードが促されるので、規約に同意してダウンロードしてください。

チェックを入れたら一番下にある決定ボタンを押すことで、設定が反映されます。
ただし、小説を表示している状態で縦書き設定をおこなっても、今開いている小説には反映されません。
一旦閉じて開き直す必要があります。

アプリ内からすぐに元ページを開くことができる

縦書きで読もう! で小説の目次ページを開いている状態では、小説情報や感想へのリンクの他、元ページへのリンクも用意されています。

また作者名のリンクからも元ページに移動することができるので、活動報告などもすぐにチェックできます。

縦書きで読もう! をGooglePlayでダウンロード

縦書きで読もう! をダウンロードした際のデメリット

小説は縦書きで読む派の僕らにとってはとても便利なアプリなのですが、このアプリをダウンロードすることによって起きる弊害もあります。

それは、縦書きで読もう! 以外のブラウザアプリ(TwitterやChromeなど)でなろうのリンクを踏んだときに「どのアプリで表示するか」を聞かれるようになることです。

「縦書きで読もう! でしか小説家になろうは閲覧しないよ」という方なら、この警告が出たときに「常時」をタップすることで今後一切この表示は出てこなくなりますので問題ありません。
このアプリはブラウザとしての機能も充実していますからね。

しかし、小説家になろうというサイトを普通のブラウザでも開きたいことがある場合は、毎回開くブラウザを選ぶ必要があるので厄介だな、と感じました。

あとがき

縦書きで読もう! というアプリは本当に機能が充実していて、この記事だけではすべてを紹介しきれていません。

ぜひ自分でダウンロードしてみて、使い勝手の良さを感じてみてください。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

フォローする


プッシュ通知はこのボタンからいつでも解除できます。

よく読まれている小説

藍色のハンカチ

完結 短編 キャラ文芸、恋愛
過去にタイムスリップした僕が、幼少期の姉に出会う。 「もしかして……迷子?」