バリューサーバーに設置したWordPressサイトを無料https化する方法

2018年7月にリリースされるGoogle ChromeではHTTPS化されていないという理由だけで警告が表示されるということなので、このサイトもhttps化することにしました。

参考 いよいよGoogleが本気。Chrome 68から全HTTPサイトに警告!

利用するのは2017年8月からバリューサーバーが提供を開始している無料SSLです。
また、コアサーバーもバリューサーバーと運営会社が同じで同じようなシステムなので、同じようなことができるかと思います。

https化を済ませたあとにすべきことも簡単にまとめてあるので、参考にしてください。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

サーバ側の設定をSSL化する

まずサーバー側の設定で、https化したいドメインの設定を変更します。

参考 無料SSLの設定 | VALUE SERVER バリューサーバー

ドメインウェブの設定を変更する

まずドメインウェブの設定を開きます。

② Mainは「blank」と入力
③ SSL用ドメイン(IP:)情報入力情報入力の下にある「Sub」に、ドメイン名を入力
④ 「強制」「NoDir」はチェックを入れない
⑤「ドメイン設定をする」を押します。

すでにsub1などにドメインが設定済みの場合、切り取ってSSL用ドメインに移動させます。

無料SSL設定

① 左メニュー「ドメインの利用」→「無料SSL設定」をクリックして、設定画面を開きます。
② 利用するドメインを選択し、
③ 「無料SSL設定」をクリックします。

数分待てばサイトがhttps化されます。

自分のサイトに 「https」で接続して、セキュリティの警告が表示されなければ成功です(SSL接続の場合、鍵マークが表示されます)。

ちなみにSSL化されていないサイトにhttpsでアクセスすると、画像のようなエラーが表示されます。


表示されなければ次のステップへ進みます。
※画像はChromeでアクセスした場合のものです。

WordPressの設定と記事本文の変更

WordPressの情報を書き換えていきます。

サイトアドレスとWPアドレスを書き換える

WordPressの管理画面にアクセスし、左メニューの「設定->一般」から一般設定を開きます。

WordPress アドレス (URL)とサイトアドレス (URL)をhttp://からhttps://に書き換えて保存します。

WPアドレスの変更を失敗すると管理画面にアクセスできなくなってしまうので注意してください。

念のため、内容を変更する前にタブ上で右クリックして「タブを複製」しておくといいです。
設定に失敗して管理画面にアクセスできなくなっても、複製されたタブから保存をかけることで元に戻すことができます。

この変更をするとおそらくログアウトしてしまうので、再度ログインします。

記事本文の中身をhttps化する

記事に記載されている内部リンクをhttps化します。
すべてのURLを一つ一つ変更していくのは時間がかかってしまうため、Search Regexというプラグインを使用します。


Search Regexをインストールして有効化したら、左メニューのツールからSearch Regexを開きます。

Souceに「Post content」、Search Patternに「http://自分のサイトのドメイン名」を、Replace Patternに「https://自分のサイトのドメイン名」を入力してReplace&Saveボタンをクリックします。
(Replaceを押すと置換対象の確認ができます。保存はされません)

置換処理対象にhttpだけではなくドメイン名も含めているのは、記事内の外部リンクも一緒に置換してしまわないようにするためです。
ドメイン名を含めれば自分のサイト同士でつながっているリンクだけ置換されます。


これで自分のサイトでやることは終わりました。

https化が終わったあとにもまだするべきことがある

ここからサイト内で利用している外部ツールのhttps化をしていきます。
Googleアナリティクスサーチコンソールなどです。
(これらのツールを利用していない場合はしなくてもOKです)

Googleアナリティクスのhttps化

Googleアナリティクスの左メニューの「管理」から管理画面を開きます。
プロパティ設定を開き、デフォルトのURLをhttps化して保存します。

また、同じようにビュー設定のデフォルトのURLをhttps化しておきます。


サーチコンソールのhttps化

こちらはアナリティクスとは違って少し面倒です。
新しくhttpsのサイトを登録しなおす必要があります。

しかし、以前登録したときと同じことをすればいいだけです。詳しい説明は必要ないと思いますので、参考になる記事を貼っておきます。

参考 サイトのHTTPS化で必要となるGoogleサーチコンソールの再登録方法

また、サーチコンソールをhttps化したら、サイトマップの送信とFetch as Googleで再クロールを依頼しておくのを忘れないようにしましょう。

関連記事 Googleにクロール依頼を出してすばやくインデックス登録させる

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

フォローする


プッシュ通知はこのボタンからいつでも解除できます。

よく読まれている小説

シャルロッテとマルセル

完結 短編 恋愛ファンタジー
巨人の少女シャルロッテが、一人の人間の青年に恋をする物語。 彼女は魔女から体を縮める薬をもらい、毎晩青年の後をつけるようになる。